So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

【海外製の排卵日検査薬もある!】ネット通販で排卵日検査薬を求めるのは? [ネット通販×排卵日検査薬]

更新:2017/6/2



【海外製の排卵日検査薬もある!】ネット通販で排卵日検査薬を求めるのは?





排卵日検査薬をドラックストアで購入できるのか?でも触れましたが、排卵日検査薬は体外診断用医薬品に分類されるため、調剤をしている薬局(または調剤併設ドラックストア)でしか購入することは出来ません。


では排卵日検査薬を通信販売で購入することは出来るでしょうか?考えていきます。


なお、表題の「ネット通販で排卵日検査薬を求めるのは?」の回答は「一部商品なら可能」です。



※排卵日検査薬でも、新発売のタケダのハイテスターHとロート製薬ドゥーテストLHa、アラクス・チェックワンLHⅡについては第一類医薬品の販売分類になりましたので、インターネットで購入が出来るようになりました




☆この記事の目次☆



1、体外診断用医薬品の規制は国内のもの
2、海外製は安心?
3、海外製にはどんな排卵日検査薬があるの?
4、おわりに
5、この記事から言えること





headache-1007244_640.png





1、体外診断用医薬品の規制は国内のもの



「排卵日検査薬は体外診断用医薬品である」というのは国内での決まりです。これは、国内販売されている商品は通販では買えないということになります。

つまり、海外の排卵日検査薬を輸入して購入することは出来るのです。



例えば、クリアブルーLHテスト(オムロン)という排卵日検査薬があります(注:クリアブルーLHテストの紹介はコチラ)。



5秒間尿をかけて3分間待つと判定できる一般的な検査薬です。



国内販売されているクリアブルーLHテストに対して、海外販売されているクリアブルーイージーデジタル排卵日検査もあります。こういった海外販売されている商品なら、通販で購入することも可能なのです。



※2017/6時点では第1類医薬品タケダのハイテスターHやロート製薬・新ドゥーテストLHa、アラクス・チェックワンLHⅡはネット購入が可能です





2、海外製は安心?




海外製の排卵日検査薬に不安も感じる場合もあるでしょう。性能しかり、使い方しかり。とは言え、海外製のものも長い間販売されているものが多く、日本語での説明文書も付いている商品もあり、心配しすぎる必要はありません。



さらに価格の面では海外製が圧倒的に安く、金銭面に不安がある場合も海外製をおすすめできる理由のひとつです。



ただ、説明書に記載してある以外のことを気軽に相談することは難しいので、まずは国内販売している排卵日検査薬を薬局で購入し使い始めるのが良いでしょう。慣れてくれば通販を利用し海外製を購入すればより安心です。





3、海外製にはどんな排卵日検査薬があるの?




例えば、クリアブルーイージーデジタル排卵日検査です。



これはデジタルタイプの検査薬で、国内販売ではチェックワンLHデジタルをイメージするのがよいでしょう。デジタルタイプならではの判定のし易さがウリでとても人気のある検査薬といえます。



また、LHサージ前に上昇するエストロゲンを確認し、妊娠しやすい4日間を知ることの出来るクリアブルーアドバンスもお勧めです。Amazonやyahooショッピングなどで購入可能です。






4、おわりに





初めて通販で排卵日検査薬を購入するのは抵抗があるかもしれません。ただ、海外製は国内製に比べて安価というメリットがあります。



また、通販でしたら、排卵日検査薬の取扱い店舗を探し買いに行く手間もありません。検査薬の使い方に慣れてきたら通販での購入を検討してみるのも良いでしょう。



お読み頂きありがとうございます。




5、この記事から言えること




・インターネット販売では海外製を購入できるが、(逆輸入という例外はあるが)国内製は購入できない



※2017/6現在、第一類医薬品に分類されるハイテスターH、ドゥーテストLHに関しては購入可能だが、その他医療用医薬品に分類される排卵日検査薬については購入不可です



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。