So-net無料ブログ作成

【結果の保存出来る検査薬】ゴールドサインLHワンステップタイプ(森永乳業株式会社) [ゴールドサインLHワンステップタイプ]

【結果の保存出来る検査薬】ゴールドサインLHワンステップタイプ(森永乳業株式会社)





☆この記事の目次☆



1、ゴールドサインLHワンステップタイプの特徴
2、ゴールドサインLHワンステップタイプの概要
3、さいごに




DSC_1084.JPG




1、ゴールドサインLHワンステップタイプの特徴



数少ない国内製の排卵日検査薬の中で異色ともいえる製品がゴールドサインLHです。異色といっても、その性能や使用法のことではありません。楕円形の検査キットの形状と、検査結果を保存できる仕組みが、です。


楕円形の検査キットと言っても分かりにくいでしょう。他者製品は細長いテストスティックが多く、採尿部に尿をかけて測定するのが主流です(もちろん容器に尿を採ってから、採尿部を浸すことも可能です)。


ゴールドサインLHは初めから容器に尿を摂って測定することが想定されています。楕円形の検査キットの中心に、スポイトを使って浸すことで検査結果がわかる仕組みです。この検査シートは取り出すことが可能で、付属の検査結果保存用シートに保管します。


筆者が排卵日検査薬を調べていく中で、この楕円形の検査キットの見た目がとても印象的でした。(!!)って感じです。それはさておき、保存用シートが付属し、保管できる仕組みなのもゴールドサインLHだけの特徴ですから、いつ頃から反応したかはっきりと判断することができます。他社のテストスティックでは保存ができないために前日(前回)の測定結果を見比べることができません。


また、最小検出感度が30IU/Lや40IU/Lの商品が多い中で、ゴールドサインLHワンステップタイプは20IU/Lというのもウリのひとつです。一般的にLHサージでは尿中hLHが40IU/L以上の濃度になるのですが、前者では反応しにくい場面もあるでしょう。最小検出感度が小さいことは、尿中hLHのわずかな上昇も確認ができるということです。早期に反応することで、LHサージの予測が立てられやすいのです。


ゴールドサインLHの気になる点はただひとつです。1テストあたり税込約820円と値段が高いのです。例えば新発売のタケダのハイテスターHは5回用で1回あたり税込557円、最安値のクリアブルーLHは12回用で1本あたり税込430円ですから、何度も購入するのであれば価格の差が大きくなってしまいます。


値段を気にせず、より正確に排卵日を予測したいのであればゴールドサインLHワンステップタイプで決まりでしょう。



判定の分かり易さ:
判定時間:
お値段:△
使い易さ:○
手に入り易さ:△



※筆者の独自の評価です
※価格は某ドラックストアの参考値です




DSC_1085.JPG




2、ゴールドサインLHワンステップタイプの概要




<特徴>



・診断カセットに検体尿を添加するだけのワンステップ法なので、操作が簡単。
・最小検出感度は20IU/L
・赤紫色のスポットの有無で判定確認が容易
・判定結果の保存ができる
・5テスト分で4104円、1本あたり820円



<内容物>



(5テスト分)

・診断カセット5枚
・判定プレート5枚(診断カセットに組み込まれている)
・採尿用スポイト5本
・判定結果保存用シート1枚
・採尿カップ5個
・説明文書


(24テスト分)


・診断カセット24枚
・判定ブレート24枚(診断カセットに組み込まれている)
・採尿用スポイト24本
・判定結果保存用シート4枚
・ビニール袋4枚
・説明文書



<検査開始日について>


過去3回程度の月経周期について平均日数を求めて、開始日を決定します。月経周期の平均日数が27日なら検査開始は月経開始日の11日目、28日目なら12日目、29日目なら13日目です。月経周期のばらつきが大きい場合は、もっとも短い周期を基準に開始日を決定します。



<操作方法>


1、 アルミラミネート袋を開封して、診断カセットを取り出す
2、 採尿カップに尿を溜め、付属のスポイトで正確に印まで採る
3、 診断カセット中央のフィルター部分に滴下する
(1滴ずつではなく、1度に全量を落とす)
4、 尿が完全に吸収されたら、判定プレートを引き抜く(5分以内)
5、 判定する



<判定方法>


陽性:判定プレートの中央部に赤紫色のスポットが確認されます。
陰性:スポットは確認されません。



<判定の補足>



・LHサージ時には、一般に尿中LH濃度は40IU/L以上になります。ゴールドサインLHワンステップタイプは最小検出濃度が20IU/Lのため判定が容易に出来ます。
・赤紫色のスポットの濃さには個人差があり、日々の検査結果を確認し、最も濃い着色がみられた日をLHサージと判断するようにして下さい。
・1日2回(朝・夕)検査を行うことで、より早く確実な結果を得ることも可能です。



<注意>



・採尿は毎日同じ時刻で行う
・尿は清潔な容器に採り、採尿後は速やかに検査する
・水分の大量摂取を避ける(LH濃度が薄まり正確な判定がしにくくなるため)
・不規則な生理周期や短期LHサージにより陽性にならない場合もある
・診断カセット中央のフィルター部分には手では触れないようにする
・直射日光を避けて室温保存する




<問い合わせ先>


森永乳業株式会社 栄養食品事業部 電話03(3798)0133


参考文献:ゴールドサインLHワンステップタイプ添付文書


お読み頂きありがとうございます。











nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。